確かな技術 昭和50年創業 屋根・外壁 診断無料

屋根アイコン屋根・外壁の材料について

屋根・外壁の色や外観は、自宅のイメージに大きく影響します。使う材料によって、機能・特長・費用も変わります。
お客様が屋根・外壁のリフォームや工事をお考えなら、ぜひ参考にご覧ください。

屋根アイコン屋根の材料について

屋根アイコン

現在使われている屋根の材料は、大きく分けて以下の3種類です。

・瓦
・金属系屋根材
・スレート材

弊社では、焼き物の瓦(窯業系瓦)を除いた屋根材での工事が可能ですので、弊社で工事可能な屋根材について説明します。

金属系屋根材

現在の主流はガルバリウム鋼板です。上記の3種類の屋根材の中で、最も広く使われています。

色・デザイン・費用などの異なる素材が、多くの材料メーカーから発売されています。

高級な素材では、遮熱塗装や断熱材の積層などで性能を高めたものや、厚みを付けた風格のある材料も選べます。

金属系屋根材と瓦の重量の比較について、参考にお読みください。

参考:瓦と金属屋根の重量(JFE鋼板株式会社) 

屋根

スレート材

「スレート」・「カラーベスト」・「コロニアル」など、屋根材メーカーによって名称が違います。

金属系屋根材と同様に種類が豊富で、色・デザインが選べます。 セメントを主な材料とすることにより、軽くなっています。
※少し前までは、費用も安く広く使用されました。

屋根

金属成形瓦・樹脂系瓦

金属や樹脂を加工して、瓦の形状にしたものです。
窯業系瓦(焼き物)に比べて軽いので、瓦の風格や重厚感を保ちながら地震に強いと言われています。

ガルバリウム鋼板製の金属屋根に比べて、遮音・断熱性が高くなりますが高価です。

弊社は、成形瓦のケイミューROOGAの施工管理者資格を保有しています。

保有 資格・許可・表彰を見る 

成形瓦屋根

屋根アイコン外壁の材料について

外壁アイコン

現在使われている外壁の材料は、大きく分けて以下の2種類です。下地によっては「塗装」の仕上げも可能です。

・窯業系サイディング
・金属系サイディング

窯業系サイディング

外側に、焼き物の層がある材料です。耐火性・耐久性・断熱性に優れていると言われています。

厚みのある高級品では、レンガや石材と見間違えるような重厚感のあるデザイン・色が選べます。

外壁

金属系サイディング

屋根と同じ材料のガリバリウム鋼板が、多く使用されています。

金属単品の欠点である断熱性・遮音性を補うために、裏面にアルミ箔やウレタンが積層されています。

高級感・重厚感が加わった厚みのある材料もあります。

金属外壁